ちーふ の ひととき

chromeOS・AndroidなどのGoogleに依存するちーふの日々

Chromebookでプレゼンしてみて困ったこと・・・と対応?

気まぐれな、ちーふです。

 

今回は
 「ChromebookPlus 」を使いプレゼンを行い、
                 困ったこと、と(あれば)その対応」
についてのお話。

 

という事で、

 今回ChromebookPlusを実戦投入してみた講演の
                スケジュール・シチュエーション(概要)は、

 ・スライド:54枚(今回スライドにアニメ−−ション無し)

 ・ファイル容量:約17MB
 ・使用ソフト:Googleスライド(ファイル作成はMicrosoft PowerPoint2013)

 ・講演時間:約120分(配分:前半55分+休憩5分+後半55分+質疑応答約5分)

 ・講演直前準備:約30分(機材セッティング、スタッフへの説明)

 ・講演直後片付け等:約20分(機材片付け、フタッフへお礼等)

 ・総時間:約3時間

 [ 総時間以外:スライド・機材準備・打ち合わせ等前日以前準備
   (これら準備がとても長いがとても重要!と考えるちーふですm(_ _)m)]

  ・会場:小会議室 と言った感じでしょうか?

 ・参加人数:計20名
   内訳;受講者・・・・・・・15名
      運営(ちーふ含め)・5名
  

途中電源系のトラブルでマイクがなくなり、声張りながら誤魔化しつつ頑張りましたが、進行としては概ね順調に予定通り終了出来たかなと思われます。

各工程で記憶に残る点

 ファイル作成時

 ・原因不明の図の消失
   本当にこれは原因不明でした…。
   PowerPointの線などの図形を組み合わせいくつか図を作り、
     念のためにpngに変換しGoogleスライドに貼り付けたのですが、
  1.貼り付け当初は図として表示される。
  2.ファイルを保存し、一度ファイルを落として、
       再度読み込むと…その図形部分が真っ白…。

  これはどうにもならなかったのですが、
           スライドを省略することで逃げ切り( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

 ・レイアウト崩れ
  予想していました、PowerPointで作ったスライドを
  普通にGoogleスライドに変換したら、見た目の段落ずれました。。。
  文字入力スペースをおおきくして対応できるものは対応したのですが、
  それでも駄目なものは・・・、
    改行・スペース
  で強制的に修正しました(TOT) 
          これは最後のデータで保存にも影響することに。。。

 

 プレゼン直前の準備

 ・プロジェクターとの接続

  プロジェクターへの投影は、ChromebookPlusには映像出力が無いので、
            いつも活躍する変換アダプターに活躍してもらいました。
 USB3.0でtypeCほんと一度使い出すと便利です! 
  充電・映像・速度速い!

 

 ・ファイル展開

   これが今回少し困った問題でした…。
  17MBのデータ展開がかなり遅い(30秒ちょっとかかりました、体感は1分位)。
  プロジェクターに表示させ確認する際は、遅くてもなんとかなるのですが、
                 問題はプレゼンスタートしてからでした。。。
  普通のデータ展開も遅いのですが。。。
   スライド表示ももっと時間がかかりました( ;∀;)

 プレゼン(講演)スタートして

 ・プレゼン途中で実習を挟んだら(-_-;)
  今回途中5分ほど実技を入れて講義に戻る形式を取ったのですが。。。
  画面ロックにChromebookなってしまいました。
  ただロックを解除すれば!と思い解除すると・・・( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
  スライド画面から通常の編集画面になっているではありませんかヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

  焦らず、スライドスタート!・・・・!

   読み込みに時間が ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
  まぁ〜つなぎに喋るはめに Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!
  

 ・休憩時そして再開時

  案の定・・・休憩中にロック画面になったので、
           再開前にロック解除!スライド読み込み!

  乗り切りました。
 

 プレゼン終了後

 ・データ保存
  WindowsPCにデータ保存する際の問題点として
   Chromebookでレイアウト変更してしまった

  これに尽きると思います。

 形崩れてもPowerPoint形式で使用したファイル残しましたが…、
   毎回は出来ないなぁ ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
 

まとめ

 本気の講演会では…、使えないことは無いです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 けどPowerPointで作成したスライドはスライドレイアウトの変更が必要なったり、
   図形が行方不明になったりがあるので、スライドの使い回しには注意が必要。
 究極は保存のファイル形式をどうするかという点も問題となり、

 現状会社では、Windows強し! なので、手間がかかりすぎるかも。。。

Chromebookの使用用途につながっていきますが、
 Chromebookの画面を見ながらする、2・3人位の研修にはChromebookいいと思います。軽く・ペンも使えて「オォォーーー」と言われます。

 ネットでカタログ見せながら!というのにも非常に優れています!
本気の会場で多人数を相手にするには、会場設備・バックアップデータや後々のファイル保存を考えるとWindows系で攻めたほうが安全かな、一手間かからないし。という印象です。

 

Chromebookはグループ間のデータ共有には非常に有用なツールだと思います。

しかしちーふ的な印象になりますが、スライド使ってプレゼン!と本気使用にはChromebookを使用されている多くの方々が言われていますが、やはりそれなりのWindowsPCの方がいいように思います。

また最近日本国内でもChromebook新機種導入されてきますが・・・、
高いですよね。。。
仕事目的で個人的にスペック・価格考えたら、Chromebook購入は難しいかなと考えてしまいます。


つまるところ、ちーふ的Chromebook
ネットしながら、ブロク書いて、プライムビデオ見て(Androidアプリです)、という日常使用。
出先で、Google Driveやカレンダー・Gmailでチーム内の情報共有するという際にも、起動が早くすぐにできるという点では最適です(Inbox便利ですが、動き重いです)。
こと本気の処理・プレゼンとなると、無理してChromebook使うとストレスやバックアップのパソコンとのデータ互換性を考えてしまうと…時々不安になってしまいます。

 

と、ちーふ的Chromebookの用途というお題とは離れた結末になってしまいましたが、最後までありがとうございました。

 

あくまでもChromebookの使用用途はちーふの個人的感想です。
参考程度に読んでいただけたら幸いです。

何故か突如…浄水ポッドのお話

気まぐれなちーふです。

 

今回は何故か浄水ポッドのお話。

調べました色々と・・・、ちーふのお財布の中身を守るために(¯―¯٥)

 

人間生きるためには、

水分摂取!

必要ですよね…(それ以外にもありますが ^^;)。

 

家から水筒に飲み物の入れて持ってくれば良いだけなんです、間違いなく…。
けど、
 水筒洗い難いじゃないですか、ボトルと蓋の接続部のくびれ・・・…。
 家から職場まで運ぶの大変じゃないですか・・・…。

なので、今までどうしていたかというと!

「 全て必要な水分は近くのコンビニで買う( ー`дー´)キリッ 」

 

まぁ〜財政面から考えたら・・・想像におまかせしますが、
タバコは10年位前に辞めたにしても現状、

・・・ 「火の車」(´・ω:;.:... ・・・

 

ちーふの職場は、
 ま~ビル (๑´•.̫ • `๑)
建物の上にある貯水槽(大きな水タンク)から、

「水」や「お湯」が地球の重力の力を借りて降りてくる
                     タイプの建物です ( ー`дー´)キリッ

 今回の案件は・・・正直ちーふの気持ちの問題だと思います、
「貯水槽に貯めた水を飲みたくない!」
と言うワガママなところから、ちーふの職場チームを巻き込んだ企画ですm(_ _;)m

 

プラン1:蛇口に浄水器を取り付ける 

 一般的にとても簡単に出来る方法として、蛇口に浄水器を取り付ける!ということを考えました。。。が…(¯―¯٥) 

問題点が2つ

 ・蛇口の形状が、取り付けられるタイプでは無い(スタイリッシュに平たい)

 ・温度調整が出来る蛇口

水の給水に直接取り付けるタイプを一瞬考えたのですが・・・

 ・給水用の配管が壁に埋め込まれている

という事で、プラン1は、「 極めて困難 」と言う結論に至りました。

 

プラン2:長期的に使用するならちょっと面倒くさい?ポット型浄水器

給水系に取り付けが困難となれば、継続使用時にはボトルの清掃がネックとなりそうですが、水筒の「準備・輸送・片付け(清掃)」と比べたら苦労が少なそうなので…

「 ポット型浄水器 」と言うものの検討をしてみました。

  ・給水の問題はクリア(職場に蛇口あり)

  ・ポット型浄水器の置き場、何処でも置ける(`・ω・´)ゞ

 ここで欲が出てきて。。。

  ・夏場は冷たく冷やして飲みたい!

   ⇒チームとの交渉がスタート。。。
           冷蔵庫のドアの部分空きますよ☆彡

    カクカクシカジカちーふの思いを説明すると…、
    「いや~、欲しかったんですよね (*´σー`)エヘヘ 」と部下より(TOT)

 ということで、アマゾンさんで評判が良かった

 を購入!


ちゃんと購入前には、冷蔵庫のドア部分のサイズを計測、そして浄水ポットのホームページも確認しサイズ的に問題なし(`・ω・´)ゞ

ちょっと不親切だったのが、浄水するためにカートリッジをポットの中に入れるのですが、ポット本体から調べればカートリッジわかるのですが、
カートリッジから調べるとまぁ〜判り辛い。。。
(一度買ってしまえば判るのですが、何気に調べると判り難い)

なぜそんなことを思ったかといいますと、ポット購入時にかかるコストはすぐ判るのですが、本体安くてカートリッジが高いと、
     「さらばコンビニペットボトル! そして経費削減!」

とならないかもしれないと思い(プリンターのインクですね、気分は)、調べた際に痛感しました。

一応ブリタ産の大きめボトルさいずのカートリッジは

になるようです。

スタイリッシュな水筒タイプ用は形状が違うようですが、ポットタイプはポットの形はあれど、共通のようでした。

後に引き返せないように、カートリッジ3つ入りを合わせて購入!

 

ブリタさんのポットを検索していて ちょっと混乱したのが。。。

 「浄水して貯めて置ける量」表記と、「ボトル全体の全容量」表記が
                検索すると混在していたので混乱しました。 

注意して調べて見てくださいm(_ _)m

 

使ってみた感想

・飲んだ感想としては、「」です (*´σー`)エヘヘ 
 消毒の匂いや刺激みたいなものはなくなったように感じました(大事)。

・カートリッジ以外は食洗機にかけれる(職場にはありませんが・・・)

・何度か使いましたが、時々活性炭の粉が混じっていることがある
    (取説に記載があり、飲んでも害は無いよ…気持ちの問題ですかね)

・調子に乗って水道水を入れると、通常は問題にならないが浄水前の水が、
          冷蔵庫のドアでちょっと傾くと溢れてくることがある。

・ブリタメーターなる、カートリッジ交換インジケーターがあるのですが、
         食洗機に入れるなとはあるのですが、洗浄方法が判らない
            (水道水に浸かる部分なので水洗いしてはいますが…)

という感じでしょうか。

 

使いだしてのちーふ的効果としては、

 ・コンビニにほとんど行かなくなった! ⇒ 余分な物買わなくなった 
         ⇒ お金使わなくなった ⇒ 経費(小遣い消費)削減、
                   同時に常に事務所にいる時間が伸びた 

という感じでしょうか。

 

今回はちょっと電気を使わない機器?の導入事例となりましたが、
「ポット洗うの面倒くさい。。。」

と思いつつ、最後までご覧いただきありがとうございました、